基準は何?フロアコーティングの値段の変化について

フロアコーティングで床を綺麗にしてもらう前に、どうしても気にかかるのがそのお値段です。
そこで今回は料金は何を基準にして変わっていくのか、ということについて迫っていきたいと思います。
値段の変わり目は材質
フロアコーティングの値段を左右するのがその材質です。
ガラスは見栄えがよく、なおかつ効果が長続きします。しかし、良質な効果が得られる反面値段は高めです。
業者によって異なるものの、10万円から20万円程度となります。
一方、ウレタンは安いもので6万円、高いもので16万円ほどであるので、ガラスより料金は安くなっています。
そのため、できるだけ低予算で抑えたい、という人には向いている材質だと言えます。
しかしながら効果の持続性はガラスより短いため、より定期的なメンテナンスが必要になってきます。
このように、材質によって効果が異なるために値段もまた変わってくるということなのです。
値段の高さがすべてではない!
opkuud
たとえ同じ材質であったとしても、業者によって値段は本当に様々です。
そのため、見積もりをしてみるまでは具体的な値段というのはなかなかわかりません。
けれども、値段が高いからと言って良質であり、低いからと言って悪質であるわけではないということに注意しましょう。
業者の中には低価格で非常に丁寧にフロアコーティングをしてくれる所もあります。
一方では、高額な料金を提示しているにも関わらず雑な作業を行う業者も存在します。
逆もまた然りではありますが、値段ですべてを判断しないように気を付けてくださいね。
フロアコーティングとワックスは、一見するとどちらも似たようなものに思えますよね。けれども違いはちゃんとあるのです。
今回は両者の違いについてご説明していきたいと思います。
持続性がだいぶ違う
両者の違いとしてまず挙げられるのがその持続性です。
フロアコーティングは10年から20年程度というように、かなり長持ちします。
一方のワックスの持続性は3か月程度と短めです。
qjujytd
そのためこまめなメンテナンスを必要とするため、どうしても時間と手間がかかってしまいます。
また、塗り方によってはムラができてしまうことがあるため見栄えがあまり良くならないこともあります。
自分で塗るにしても適度な技術が必要となってくるというわけなのです。
ワックスは摩擦や水気に弱い
ワックスは何度も塗り重ねていっても、摩擦や水気に弱いという性質が変わることはありません。
そのため、ワックスの効果を持続させるためにも床への配慮は常にしておく必要があります。
しかし安価で手に入るので、安い費用で済ませたいと考える人にとってワックスは便利なアイテムだと言えます
しかしフロアコーティングは摩擦や水気にも強いため、より高い持続性を期待することができます。フロアコーティングでお困りの方はフロアコーティングなら評判のクリーンリバブルへお問い合わせください。
ただ効果や持続性が良質であるため、お値段もそれ相応にかかるという特徴も持っています。
状況によって適切な判断を
フロアコーティングとワックスはどちらも一長一短の性質を持っていますから、自分の状況に合わせて適切な判断をすることが大切です。
それが長く付き合っていくことになる床を守るために一番最適なことなのです。

  ≪ 前の記事: を読む   次の記事: を読む ≫

what's new